環境生物研究会 頒布データおよび図書案内

品切れ表示以外新本在庫があります (2016年1月1日現在

学術論文
─────────────────────────────────────────────
本邦チョウ類における生態学的諸問題 (辻編,1984)

 種の分化と生態的地位をめぐる論文集: 1)生態的地位の等しい種同士の競争の有無をめぐって 2)近縁種間関係の考察・特に競争と進化 3)種の分化の機構と形質進化の方向性 4)いくつかの近縁種グループの性格を比較する1方法 5)アブラムシの変異と薬剤耐性 6)混み合い休眠の役割  B6版,42ページ,\600+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────

衛生害虫の発育休止と移動 (和田・辻編,1993)
1992年日本衛生動物学会大会ワークショップ論文記録: 生活史戦略としてのヒトスジシマカ卵の孵化反応(今井) アカイエカ群の休眠性の変異(小田) 蚊成虫の飛翔分散と幼虫生息環境(茂木) 衛生上重要なハエ類にみられる休眠と移動(倉橋) 中部山岳国立公園で多発するクロバエ類のマーキングによる高所移動の確認(荒川・上村・渡辺・倉橋・河合) ヒメフンバエにみられる越夏越冬戦略(天野) ゴキブリ類の生活史と休眠(辻・種池) ヒョウヒダニ類の個体群動態の調和機構(彭・須藤) B5版,74ページ,\3000+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────
ゴキブリの定住,潜伏,摂食に関する研究 (辻編,1979)
 5項目17編の論文集: 1)住み着きに関係する越冬能力と休眠 2)潜伏行動と個体干渉 3)食物に対する反応4)誘引食毒剤の効果とゴキブリ個体群 5)ゴキブリによる殺虫剤効力の検討 B5判146ページ,\5000+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────
都市と昆虫 (奥谷編,1982年)
 1981年度の日本昆虫学会大会シンポジュウムの論文集: シンポジュウムにあたって(奥谷) 都市緑地公園におけるシイモグリチビガの変動(久居) 市街地と郊外地の昆虫相の差異(青木) 都市化に伴うハエ相の変化(倉橋) 貯蔵物害虫ステータスの変遷(吉田) ゴキブリの都市適応(辻) 座長の感想とまとめ(石井) B5判,58ページ,\2000+消費税+送料, 
品切れ
─────────────────────────────────────────────
都会におけるゴキブリの生態と防除 (W.H ロビンソン・辻編,1989)
 害虫駆除研究懇談会講演会記録: ゴキブリの都市適応(辻) 都会におけるゴキブリの習性・生態と化学防除(ロビンソン) 質疑応答(座長:田中) 通訳(平尾) B5判,38ページ,\1200+消費税+送料  
品切れ
─────────────────────────────────────────────
ノシメマダラメイガ幼虫の休眠の研究(英文 (Tsuji, 1963 考古堂)
 食品害虫ノシメマダラメイガ幼虫の発育と休眠に関する実験研究レポート: 企業製品に混入する本種休眠幼虫がどうして生ずるかを示す. B5版,88ページ,\5000+消費税+送料  
品切れ (ただし日本語版新本あり.下記参照)
─────────────────────────────────────────────


論文英語例文集
─────────────────────────────────────────────
SVVS 辞典1 改訂 害虫防除英語 (環境生物研究会編,2007年)   英語発想のパターンを
 ジャパニーズイングリッシュ防止のため,主語・動詞をまとめて思い出すヒント集: 害虫防除試験やPCO研究のレポート作成に役立つ例を集めた.主語・動詞の利用頻度を2重に表示し,見出しに対応した例文が付いている.主語,主語+動詞,動詞,動詞+主語の順に,それぞれ序文,材料と方法,結果と考察,摘要,謝辞に属する例をまとめて頻度を示し,例文は主語+動詞のアルファベット順に並べた. B5版,106ページ,\6000+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────
SVVS 辞典2 昆虫飼育者英語 (環境生物研究会編,1997年)   上記との併用で例文増加を SVVS辞典の第2集: 昆虫やダニを取り扱う試験研究レポート作成に役立つ例を集めた.構成は第1集と同様で,併せて利用すれば一層役に立つ. B5版,110ページ,\6000+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────
SVVS 辞典3 抵抗性害虫英語  (環境生物研究会編,1998年) 多々ますます弁ず!例文拡充に
 SVVS辞典の第3集: 防除や試験現場で必ず直面する薬剤感受性検討と結果表現.構成は第1,第2集と同様.一般試験研究の操作や結果表現に大きなプラス. B5版,150ページ,\9500+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────

企業向けデータ資料
----------------------------------------------------------------------------------
屋内ゴキブリ (写真と参考データ) (辻 英明 編著,2011)
 幼虫を含めて屋内ゴキブリの種類判別を判りやすくしようと試みた写真集と参考データ集.幼虫の種類の判別も重視
企業製品に混入するゴキブリの種類や侵入経路の判断は,企業の品質管理の責任者やゴキブリ防除業者にとって重要な課題です.是非役立てて下さい.\20,000+消費税+送料
-----------------------------------------------------------------------------------
ゴキブリ研究49報文 要旨とポイント (辻 英明 編著, 2005年)
   (付:防除従事者研修資料 ゴキブリの生態と防除)
1965年から2003年までに発表した編著者らのオリジナルレポート49報の要旨を記載し,それに関連した知見のうち,日本のPCOに身近な文献14報の知見を紹介引用した.付録して防除作業従事者研修などの際に使用する配布資料「ゴキブリの生態と防除」を加えた. \4,700+消費税+送料

───────────────────────────────────────────── 

微小飛来昆虫の屋内侵入 (辻 英明 編,セミナー・テキスト,2004年)
   
(付:工場における昆虫動態バリデーションのポイント)
工場の製造工程やレストランの調理工程などで昆虫が混入異物となることが多く,その対策には品質管理担当者 や害虫防除業者による多様な努力が払われている.その中で重要なものの一つに,屋外から飛来侵入する昆虫に対する対策がある.締め切り状態に近い家屋建築物に実際に侵入する昆虫の動態が検討され,驚くべき事実が明らかとなっている. 飛来昆虫以外の一般防虫対策における
IPM(総合防除)によるバリデーションの入門解説も加えた. \20,000+消費税+送料
───────────────────────────────────────────── 

軽量版 微小飛来侵入昆虫  (辻英明 編著,セミナー・テキスト, 2007年)
 本書は2004年に出版し好評を得た原版 「微小飛来昆虫の屋内侵入」(異物混入対策セミナーテキスト)に種類判別ポイント説明を加えた軽量版です.
種類判別図説の入門書としてより徹底するために,新たに種類(グループ)判別ポイントの説明を加え,32図版全部を収載しながら軽量化圧縮し,原版の解説V(
工場における昆虫動態バリデーションのポイント)は割愛しました. セミナー4名以上(テキストつき)一人\20,000 + 消費税,テキストのみ\15,000 + 消費税+ 送料.  ------------------------------------------------------------------------
和訳: ノシメマダラメイガ老熟幼虫にみられる休眠についての実験的研究  (辻 英明 訳, 2005年)
      
(略称:ノシメマダラメイガ・実験的研究)
本書は1963年に出版し,1973年に再販された下記の学位論文の本文を,著者自身 が日本語に訳したものです.
 Tsuji, H. (1963) Experimental studies on the larval diapause of the Indian-meal moth, Plodia interpunctella Hubner (Lepidoptera: Pyralidae), Thesis (Kyushu Univ., Fukuoka), 88pp., Kokodo Ltd, Tokyo, Japan. \9,500+消費税+送料
───────────────────────────────────────────── 

物昆虫のカタラーゼ反応  (辻英明データ,2001年)
自社試験や委託試験では100倍単位のコストのかかる基礎試行データを提供
序文:混入昆虫とカタラーゼ活性,異物検査における虫体原型維持と簡易チェック法の必要生,本資料の目的
試験方法と凡例:方法,反応状況と凡例  概説:虫体の非破壊検査は可能か,反応状況に適した虫体浸漬時間,界面活性剤の添加効果 反応写真集:(種類)チャバネゴキブリ成虫・卵鞘,ノシメマダラメイガ終齢幼虫,キイロショウジョウバエ成虫,ヒメマルカツオブシムシ終齢幼虫,コクヌストモドキ成虫,(条件)死体乾燥経過(全種),煮沸個体の乾燥経過(全種),食酢への投入経過(3種),食酢投入後乾燥経過(2種),食用油への投入経過(チャバネ),リグロインへの投入経過(チャバネ),参考:クロゴキブリ1齢幼虫長期乾燥品 反応試験結果一覧表(経過と+−対照表): コクヌストモドキによる学会発表ずみ結果一覧表(加熱,各種食品や飲料への混入期間と反応との関係,失活死体の水中での微生物反応等): あとがき(混入時期推定への利用について): 資料中に195枚+22枚の反応写真(白黒)を示す.   B5版61ページ,  \28,000+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────
異物昆虫のカタラーゼ反応  (辻英明データ,2002年)
序文,試験方法と凡例, 写真集(73枚)
長期試験(前報の延長部分など): ノミバエ1種の成虫とサナギ殻,チャバネゴキブリ,卵鞘と成虫の比較,穀物酢(25℃以上)に投入,卵鞘と成虫(幼虫)の比較  食用油(25℃以上)に投入,ノシメマダラメイガ老熟(終齢)幼虫,非加熱品(凍結殺虫個体)の室温乾燥経過,加熱品(煮沸個体)の室温乾燥経過,ヒメマルカツオブシムシ終齢幼虫,非加熱品(圧殺個体)の室温乾燥経過,加熱品(煮沸個体)の室温乾燥経過
より基礎的な観察: 微細部分,チャバネゴキブリ雄成虫の微細部分,クロオビハナバエの微細部分,大型昆虫の各部分,ワモンゴキブリ雌成虫(穀物酢に投入前後),反応以前の問題,チャバネゴキブリ死体の失活後のカビ,16年経過した乾燥標本,ノシメマダラメイガ幼虫死体の色彩,参考資料,毛髪の反応,新しい頭髪,新しいすね毛,  反応試験結果一覧表(前報分を含む,+−表記): 前報分+今回分(*印部分が今回の新データ),コクヌストモドキによる既発表データ一覧(前報の表を改訂再禄),加熱加工や殺虫手段と反応,食品中への継続浸漬と反応,一度消失したカタラーゼ活性のその後の変化など,
今回の結果の整理:簡易試験法についての注意事項 など. B5版38ページ \9,000+消費税+送料
─────────────────────────────────────────────

購入申込方法(代金後払い).代金・送料の請求書は図書送付時に同封致します.

下記専用メールかFAXにてお願いいたします.お問い合わせもどうぞ.

公費購入の場合,送料は図書代金に含めて(加算して)ご請求可能です.その旨ご記入下さい.
(送本時に見積書,納品書,請求書を同封). 

書店からの申し込みも可能です(書店には仕切り価格).

環境生物研究会TM 専用メール < kskinst@mbr.nifty.com >
              専用FAX  075-591-5772 


表紙へ