ゴキブリの定住,潜伏,摂食に関する研究

(付:食毒剤の効果と個体群,殺虫剤の研究)

 
辻 英明 編

1979年 環境生物研究会 発行  

内容論文の著者と表題

T 住みつきに関係する越冬能力と休眠

1. ゴキブリ4種の発育と増殖の遅延,特に温度の影響について ...... 辻 英明・水野隆夫
2. ゴキブリ4種の生存と発育に対する冷温の影響         ...... 辻 英明・水野隆夫
3. 耐低温性に関連したクロゴキブリの発育              ...... 辻 英明
4. ヤマトゴキブリ自然江藤個体群のステージ構成         ...... 辻 英明・田原雄一郎
5. 結論と要旨

U 潜伏行動と個体干渉
1. クロゴキブリ潜伏個体同士の相互作用              ...... 辻 英明・水野隆夫
2. ゴキブリ3種の潜伏行動                       ......  水野隆夫・辻 英明
3, 温度によるゴキブリ4種の潜伏行動の変化            ......  大野茂紀・辻 英明
4. 結論と要旨

V 食物に対する反応
1. ゴキブリ3種の摂食パターン,特に米ぬか成分と炭水化物に対す反応について
                                        ...... 辻 英明
2. いくつかの脂肪酸およびその関連物質のゴキブリに対する誘引作用と摂食行動誘起作用
                                        ...... 辻 英明
3. ゴキブリ類に対するグリセロールおよび関連物質の摂食行動誘起作用
                                        ...... 辻 英明・大野茂紀
4. 結論と要旨

W 誘引性食毒剤の効果とゴキブリ個体群
1. いくつかの食毒剤要素に対するチャバネゴキブリの反応の実験的研究
                                        ...... 辻 英明・大野茂紀
2. チャバネゴキブリ成虫に対する各種殺虫剤の摂食阻害作用  ...... 
                                       田原雄一郎・大野茂紀・辻 英明
3. チャバネゴキブリ自然個体群に対する誘引性食毒剤の広範囲施用の影響
                                        ...... 辻 英明・大野茂紀
4. えさの量に支配されるチャバネゴキブリ現存量の平衡と幼虫率,
        およびトラップに対する個体の反応           ...... 大野茂紀・辻 英明
5. 結論と要旨

X ゴキブリによる殺虫剤効力の検討
1. 試験昆虫としてのワモンゴキブリ1齢幼虫の利用        ...... 辻 英明・水野隆夫
2, ワモンゴキブリの親世代の飼育密度,産卵時の親の老若,および卵期の環境温度が,
        ふ化幼虫の体重と殺虫剤感受性に及ぼす影響    ...... 水野隆夫・辻 英明
3. 殺虫剤20種のくん蒸剤と非くん蒸剤へのグループ分け     ...... 辻 英明

申込書 (代金後払い.請求書は送本同封) FAXで 075−591−5772 環境生物研究会へ
(書店が申し込むことも可能です)   または専用メール < kskinst@mbr.nifty.com > あてに
「ゴキブリの定住,潜伏,摂食に関する研究」の(   冊)購入を申し込みます.
資料書籍送付先・注文者ご氏名:(〒   −      )


電話番号(      −      −        )  FAX(      −      −        )

5項目17編の論文集     B5版,146ページ,\5000+消費税+送料

紙へ  衛生害虫の発育休止と移動