ゴキブリの研究   Cockroach studies in Japan

Studies on the behaviour pattern of three species of cockroaches, Blattella germanica (L.), Periplaneta americana L., and P. fuliginosa S. with special reference to their responses to constituents of rice bran and some carbohydrates. Jpn. J. Sanit. Zool., 16: 255-262 (1965).

Attractive and feeding stimulative effect of some fatty acid and related compounds on three species of cockroaches. Jpn. J. Sanit. Sool., 17: 89-97 (1966).

Laboratory evaluation of several bait factors against the German cockroach, Blattella germanica (L.). Jpn. J. Sanit. Zool., 20: 240-247 (1969).

Wide application of baits against field populations of the German cockroach, Blattella germanica (L.). Jpn. J. Sanit. Zool., 21: 36-40 (1970).

Glycerol and related compound as feeding stimulants for cockroaches. Jpn. J. Sanit. Zool., 21: 149-156 (1970).

Laboratory use of first instara nymphs of the American cockroach, Periplaneta americana. Jpn. J. Sanit. Zool., 22: 1-7. (1971)

ワモンゴキブリの親世代の飼育密度,産卵時の親の老若,および卵期の環境湿度が,ふ化代中の体重と殺虫剤感受性におよぼす影響. 衛生動物 23: 41〜47 (1972)

餌の量に支配されるチャバネゴキブリ現存量の平衡と幼虫率,およびトラップに対する個体の反応. 衛生動物 23: 72〜81 (1972).

Retardation of development and reproduction in four species of cockroaches, Blattella germanica, Periplaneta americana, P. fuliginosa, and P. japonica, under various temperatur conditions. Jpn. J. Sanit. Zool., 23: 101-111 (1972).

Effects of a low temperature on the survival and development of four cockroaches, Blattella germanica, Periplaneta americana, P. fuliginosa, and P. japonica. Jpn. J. Sanit. Zool., 23: 185-194 (1973).

Behavioural interaction between two harboring individuals of the smoky brown cockroach, Periplaneta fuliginosa S. Jpn. J. Sanit. Zool., 24: 65-72 (1973).

Stage composition of overwintering field populations of the Japanese cockroach, Periplaneta japonica. Jpn. Sanit. Zool., 24: 215-218 (1974).

ゴキブリ3種の潜伏行動. 衛生動物 24: 237〜240 (1974).

温度によるゴキブリ4種の潜伏行動の変化. 衛生動物 25: 95〜98 (1974). 

チャバネゴキブリ成虫に対する各種殺虫剤の摂食阻害作用.衛生動物 25: 147〜152 (1974).

Development of the smoky brown cockroach, Periplaneta fuliginosa, in relation to resistance to cold.  Jpn. J. Sanit. Zool., 26: 1-6 (1975).

Grouping several insecticides into fumigants and non-fumigants against first instar nymphs of the American cockroach Periplaneta americana.. Jpn. J. Sanit. Zool., 26: 259-260 (1975).

ゴキブリの定住,潜伏,摂食に関する研究. 146pp. 環境生物研究会,京都 (1979).

ゴキブリの都市適応.(環境生物研究会発行・都市と昆虫 58pp中,)(1982).

The life cycle of Blattella nipponica Asahina in Kyoto. Kontyu, Tokyo, 53(1): 42-48 (1985).

Insecticidal effect of diflubenzuron against cockroaches. Jpn. J. Sanit. Zool., 39(1): 19-25 (1988).

表皮形成阻害剤Diflubenzuronによるゴキブリ実地試験成績. 

都市化とゴキブリの適応. 採集と飼育. 1988年10月号,p.446-449 (1988).

Feeding stimulant effect of four aldopentoses and three other related compounds on cockroaches. Jpn. J. Environ. Entomol. Zool., 1(1): 27-30 (1989).

都会におけるゴキブリの生態と防除. 環境生物研究会,京都 38pp.(1989).

クロゴキブリとヤマトゴキブリの生活史模式図. 環境動物昆虫学会誌 2(1): 42〜43 (1990). 

Diapause at high temperatue in older nymphs of the smoky brown cockroach, Periplaneta fuliginosa (S.).  Jpn. J. Environ. Entomol. Zool., 2(2): 84-87 (1990).

クロゴキブリPeriplaneta fuliginosa (S.) とチャバネゴキブリBlattella germanica L. に対する低温の効果,特にクロゴキブリ幼虫の休眠消去について. 環境動物昆虫学会誌 3(1): 7〜14 (1991).

キョウトゴキブリ越冬幼虫における齢構成の2極化. ペストロジー学会誌 8(1): 13−17 (1993). 

ゴキブリ類の生活史と休眠, (衛生害虫の発育休止と移動,環境生物研究会 74pp.): 51〜60 (1993).

ゴキブリの総合防除. 家屋害虫 16(1): 13〜17 (1994).

食物の経験の異なるチャバネゴキブリの食物選択. 衛生動物 46(4): 339〜344 (1995). 

無毒餌の存在が毒餌のチャバネゴキブリ防除効果に及ぼす影響. ペストロジー学会誌 10(1): 40〜44 (1995).

ゴキブリ食毒剤に対するマイクロカプセル剤の付着効果. 環境動物昆虫学会誌 7(1): 20〜22 (1995).

オガサワラゴキブリ Pycnoscelus surinamensis (Linne) の耐寒性. 環境動物昆虫学会誌 7(1): 22〜24 (1995).

チャバネゴキブリ成虫卵鞘保持雌の摂食活動−特に食毒剤に対する反応について−. ペストロジー学会誌 10(1): 5〜9 (1995).

チャバネゴキブリに対するベイト剤の効力比較試験. ペストロジー学会誌 11(1): 74〜76 (1996). 

チャバネゴキブリ個体群の動態におよぼす特定グループ定期的除去の影響. ペストロジー学会誌 11(1): 44〜46 (1996). 

チャバネゴキブリ成虫の新潜伏場所への移動(第1報),シェルター間の移動に対する個体数密度の影響. Med. Entomol. Zool., 47(4): 363-369 (1996).

チャバネゴキブリ成虫の新潜伏場所への移動(第2報),餌と水の存在位置の影響. Med. Entomol. Zool., 48(1): 33-37 (1997).

Movement of adult German cockroaches, Blattella germanica (Linnaeus), from an occupied harbourage shelter to a vacant new shelter 3. Interaction between males and females. Med. Entomol. Zool., 49(3): 201-206 (1998)

ベニヤ板処理面条件によるチャバネゴキブリに対する薬剤の効力差 (指導論文). ペストロジー学会誌 13(1):43〜46 (1998).

処理面材質の違いによるチャバネゴキブリに対する薬剤の効力差 (指導論文). ペストロジー学会誌 13(1):40〜42 (1998).

集合住宅で得たチャバネゴキブリのフェニトロチオン感受性の簡易チェック事例. ペストロジー学会誌 14(2):27〜28 (1999).

殺虫剤処理面の餌(ベイト)へのチャバネゴキブリの接近と死亡. ペストロジー学会誌 15(1):16〜21 (2000).

ゴキブリの生活史・冬と餌. 家屋害虫 21(2):87〜99 (2000).

(2001) 木酢液に対するチャバネゴキブリの忌避性. ペストロジー学会誌 16(1):50〜52 (2001).

(2001) Cockroaches in Japan, Proceedings of The 13th FAOPMA CONVNETION (2001, Taipei) 

(2001) 実地のゴキブリ捕獲指数に及ぼす調査用粘着トラップ数の影響. ペストロジー学会誌 16(2):101〜105 (2001).

(2002) ゴキブリ捕獲数に対する粘着トラップの長さと誘引餌の影響. 家屋害虫 24(1):9〜15 (2002).

(2002) 京都府南部におけるオオゴキブリの採取と飼育. 環境動物昆虫学会誌 13(3):133〜137 (2002)

(2002) 静岡市南岸のサツマゴキブリについて. 環境動物昆虫学会誌 13(3):139〜141 (2002)

(2002)  粘着トラップ上のベイト食物に対するチャバネゴキブリの反応. 環境動物昆虫学会誌 14(2):119〜122 (2002).

(2003)  クロゴキブリの自発飛翔. 環境動物昆虫学会誌 14(1):47〜48 (2003).

(2003)  ゴキブリ用無色透明粘着トラップの実用性. ペストロジー学会誌 18(1):13〜17 (2003).

(2003)  ゴキブリ用粘着トラップの入り口の状態と捕獲効率. 環境動物昆虫学会誌 14(2):119〜122 (2003).

(2005) ゴキブリ研究49報文 要旨とポイント(付:ゴキブリノ生態と防除) (文献要旨集) 環境生物研究会発行 (2005).

(2007)  ゴキブリの被害(解説)

(2007) 衛生動物今昔物語 ゴキブリについて. 生活と環境 52(8):24〜28 (2007).

(2008) ゴキブリ用ベイト剤に対する乾燥および小麦粉被覆pの影響. ペストロジー 23(1):1〜6.

(2009) 黒い半野外性のゴキブリの性質と対策. 文化財の虫菌害 No.57(2009年6月号):9〜15.

(2011) 屋内ゴキブリ (写真と参考データ). 環境生物研究会発行 (2011)

(2015) ヤマトゴキブリのサンプリング測定による頭幅成長と齢期判別の訂正, 都市有害生物管理.6(2)69ー71.(2015)

 

表紙へ