学会講演要旨 2016年以後

ノシメマダラメイガとタバコシバンムシの家屋侵入様式の類似と相違

 ○辻 英明1)菅野格朗2)石川善大2)片山淳一郎2) 1)環境生物研究会 2)環境機器(株)
 (201626日,慶応義塾大学・三田キャンパス)

 雌成虫の性フェロモンを多量に含む誘引装置を,木造家屋二階の南北2室の一方の室内か家屋外面(窓ガラス外面,あるいは外壁面)に設置して,室内/家屋外面に設置した通常のモニタートラップに捕獲される成虫数を調べた.その結果,モニタートラップによる雄成虫捕獲数は7〜9月に多かった.誘引装置を室内設置した室内は対照室内よりモニター捕獲成虫数が多い傾向がみられた.特に誘引装置を北室に設置した時,北室内のモニターの雄成虫は南室のそれを大きく越え,雄成虫が北側から侵入することが示唆され,ノシメマダラメイガとタバコシバンムシに共通の類似傾向であった.これは北側に近接する家屋からの移動によるものと推察された(南側は開けた駐車空間と舗装道路).

 誘引装置を家屋の外面に設置すると,ノシメマダラメイガでは,室外のモニタートラップの捕虫数が増加し,同じ室内のモニタートラップの捕虫数の割合が激減し,成虫の室内侵入防止と,室内から室外への誘導が示唆された.同様の試験でのタバコシバンムシは期待に反し,室内の捕虫数の割合は室外と同等かそれ以上だった.

 雌の性フェロモンで雄を攪乱し,交配妨害による次世代幼虫コントロールの際,ノシメマダラメイガ雄成虫の余分な飛来を嫌う場合,誘引装置を家屋外壁に設置して防止できるが,タバコシバンムシの場合は,防衛する建物より離れた場所に成虫を誘引する工夫も必要となる可能性がある.

 

左図:誘引装置を設置した室内ノシメマダラメイガ雄成虫のカウント数は多くなった.(20102011年)

右図:タバコシバンムシも同様の結果だった.(2014年).

   

左図:ノシメマダラメイガ雄成虫は,誘引装置を室内に設置すると,大部分が室内トラップに入り, 室外に設置すると,室内トラップの捕獲が激減した(2013年)

右図:室外に誘引装置を設置したが,タバコシバンムシの室内捕獲数は比較的に多かった(2015年)